歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・審美歯科・インプラント・レーザー治療
藤崎2丁目歯科ロゴ

 藤崎2丁目歯科


藤崎2丁目歯科について

歯周病

高濃度次亜塩素酸水を用いた歯周病治療

ホワイトニング

歯列矯正

歯のクリーニング

院内感染対策

高濃度次亜塩素酸水

高濃度次亜塩素酸水販売


藤崎2丁目歯科診療予約

質問・相談

自費治療料金

リンク

HOME

藤崎2丁目歯科フォーム

藤崎2丁目歯科 知識の部屋

赤文字の日は休診日
レーザー治療


歯科用レーザー歯科用レーザーには数種類のレーザーがあり、当医院が使用しているものは Er:Cr:YSGGレーザーという器械です
このレーザーの特徴は歯茎や粘膜、皮膚などの軟組織の切開および切除、歯や骨などの硬組織の切削、また痛みの緩和や知覚過敏などに有効な波長を持つ優れたレーザーです
レーザーについて詳しくはoral-web.comの「歯科用レーザー」をご覧ください
Er:Cr:YSGGレーザーによる虫歯の切削(虫歯の切削ムービー)
黒変した虫歯は効率よく切削できます
Er:Cr:YSGGレーザーによる歯芽の切削(歯牙の切削ムービー)
歯冠部のエナメル質の切削はそこそこ、歯根部のセメント質は効率よく切削できます
Er:Cr:YSGGレーザーによる軟組織の切開(軟組織の切開ムービー)
歯茎の切除をお見せしたいのですが、生々しいので鶏肉を使って撮影しました。よく切れます。出力は通常無麻酔で切除する設定です。
レーザー治療適応症
C1〜C2の虫歯 レーザーを用いた虫歯治療例
ほとんどの場合無麻酔無痛で行えますが複雑な形成を必要とする場合ドリルを使用しなければならないことがあります
歯周病(歯槽膿漏) レーザーを用いた歯肉切除と同時の歯石取り
歯石を取ったり、歯ぐきからの出血や歯周ポケットの切除(歯ぐきの切除)消毒が短時間で麻酔を使わずに出来る.また歯ぐきが腫れた場合切開をして膿を出すのも麻酔が必要ない。
口内炎
口内炎の痛みが麻酔を使わずその場で消失する
歯茎などのデキモノの切除
ほとんどの場合麻酔を使わず出血も無く切除が可能、しかも術後の化膿止めなどの薬が必要ない
歯ぐきの黒ずみの除去
無麻酔または表面麻酔のみで歯ぐきの黒ずみ(メラニン)を除去できる
小帯異常
短時間で出血も無く小帯の切除が出来る多少麻酔が必要となることがある
歯ぐきの整形 レーザーを使った歯ぐきの整形
無麻酔で親知らずにかぶさった歯ぐきや、審美治療で歯ぐきのラインを整形できる
止血
歯を抜いた後の出血や歯肉炎による歯ぐきからの出血、その他すぐに止血が可能
その他
歯の根の病気や虫歯予防、知覚過敏や骨整形などなど
従来の歯科治療に比べ
  1. 麻酔が必要ない(痛みがない)
  2. ドリルを使わない(不快な音を聞かなくてすむ)
  3. 振動が無い
  4. 安全性が高い
  5. 正確である
麻酔が必要ないということは、不快な思いや麻酔の痛み、恐怖を感じることが無いだけではなく処置の時間を短縮できることにもなり、さらにからだの病気の関係で麻酔の使用ができない方も痛みを感じることなく治療が出来るということです。
ただしすべての症例において無麻酔で処置が可能とは限りませんが、ほとんどの場合は問題ありません。
歯を削るのにドリルを使わないので不快な音や振動を感じなくてすむだけではなく、歯にミクロの傷を作ることなく歯髄(歯の神経)にダメージを与えない。
また虫歯が深く神経まで進んでいる場合従来は神経を取ることになりましたが、レーザーは瞬時に滅菌止血を行うため神経が炎症を起こしていない限り保存的に処置が出来ます。
レーザーは切除と同時に止血や滅菌を行うため、糖尿病などで傷が化膿しやすい方や全身疾患や薬により血が止まりにくい方でも安心して治療をお受けいただけます。

左にメニューがない場合は藤崎2丁目歯科リロードをクリックしてください

COPYRIGHT FUJISAKI 2CHOME DENTAL ALL RIGHT RESERVED